多汗症の私の必須アイテムは、手ぬぐい

私はもともと汗をよくかくほうでした。

その傾向が10年ほど前からさらに促進し、多汗症と言えるレベルになってしまったのです。

多汗症の問題は、夏だけではなく、ほとんど一年中過度な汗をかくことです。

ちなみに、私は中肉中背。

ですから、太っているために汗をよくかくというわけではありません。

特に困るのが、顔の汗です。

私は特に顔に汗をかきやすいのです。

食事の時などにそれが顕著です。

仕事関係の人との会食の時など、汗が気になって料理の味がわからないということさえ、しばしばあります。

そんな私の必須アイテムが、手ぬぐい。

今は手ぬぐいもいろいろなデザインのものがあり、かなりおしゃれになっています。

私は常に2種類の手ぬぐいを携帯。

普段使いのものと、よそゆきのものです。

公の場面ではそのよそゆきのものを使用します。

そうすると、ほとんどの場合、いっしょに会食している人などがその手ぬぐいに注目。

話題は自然に手ぬぐいに移って、私の多汗症が相手には気にならなくなるのです。

手ぬぐいの話題で、場が盛り上がることも少なくありません。

私にとっては生活必需品の手ぬぐいが、仕事上では思わぬ役割りを演じてくれるというわけです。

緊張による手のひらの汗と精神性多汗症